登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

高浜市、安城市、刈谷市ほか西三河の不動産のことならセンチュリー21ハウスプロダクトへ!

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

鍵がいらない!?最先端の電気錠システムとは?

2020-12-17

はじめに

最近では、玄関の鍵がなくても入れる「電気錠システム」の導入が進んでいます。

電気錠にはスマートキータイプのものから指紋認証、暗証番号まで様々なタイプがあります。

ワンタッチで解錠できるので急いでいる時に便利などのメリットもありますが、一方では電池切れで施錠できないなどのデメリットもあるようです。

今回は、最先端の玄関設備である電気錠システムについてご紹介します。


玄関の電気錠システムとは?

玄関の電気錠システムとは、タッチキーなどを使って施錠するシステムのことです。

玄関の鍵穴に鍵を挿して解錠するのが一般的ですが、電気錠を使うことでリモコンや指紋で施錠することができるものです。

ホテルなどの「キーシステム」をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

ワンタッチで施解錠ができるので、急いでいるときや両手が塞がっている時にも楽に開けることができます。


電気錠を設置するメリット

電気錠システムを導入することで、次のようなメリットがあります。

・鍵を持ち歩く必要がない
・入退室管理ができる
・離れた場所から施解錠可能

電気状の中には、リモコンキーになったものや指紋認証、暗証番号で解錠できるものもあります。

鍵を持ち歩く必要がないものもあるので、鍵を落とす心配もありません。

また、室内からボタン1つで入退室管理ができるので、わざわざ玄関先に向かうことなく鍵を解錠することができます。

例えば、キッチンで料理をしながらボタンで解錠できるので、家事導線も楽になります。


電気錠を設置するデメリット

一方、電気錠システムを導入するデメリットとしては、下記のものがあります。

・電気がないと解錠に鍵が必要
・電池交換が必要になる
・情報を盗まれると侵入される可能性がある

電気錠システムは電気で動くため、電気が必要になります。

停電した場合はシステムも停止してしまうため、鍵を使って施解錠するため、鍵が全く不要になるわけではありません。

リモコンキータイプのものであれば、定期的に電池交換が必要になるため、電池が切れると解錠できない場合も。

車のキーと同様に定期的に電池交換などのメンテナンスが必要になります。

そして、暗証番号などの場合は、情報を盗まれてしまうと侵入される可能性もあります。

文字盤の汚れや指紋の後から推測される危険性もあるので、セキュリティ対策が必要になります。


<まとめ>最先端の電気錠システムは便利!

玄関の電気錠システムは、鍵を取り出す手間もかからずワンタッチで施解錠できる便利なアイテムです。

玄関に後付けの電気錠もありますが、遠隔解錠などをしたい場合は新築時に取り付けされることをおすすめします。


フッター